スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「孤島の鬼」 江戸川乱歩

評価:
---
東京創元社
---
(2012-01-01)

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
密室状態での恋人の死に始まり、その調査を依頼した素人探偵まで、衆人環視のもとで殺された蓑浦(みのうら)は、彼に不思議な友情を捧げる親友諸戸(もろと)とともに、事件の真相を追って南紀の孤島へ向かうことになった。
だが、そこで2人を待っていたのは、言語に絶する地獄図の世界であった…!
『パノラマ島奇談』や『陰獣』と並ぶ、江戸川乱歩の長編代表作。


なんでいきなりこの本を読んでみようと思ったかといえば、近いうちにリブレさんから江戸川乱歩作品と「In These Words」の咎井淳先生のコラボ作品が発売されるとわかったからです。(特設サイトはこちら。
リブレさんの企画に乗っからずに既に発売されている小説本を読んでしまうあたり、自分でもどうなんだと思いますが、サイトをご覧になればわかる通り、近々発売されるリブレ版「孤島の鬼」は四六判で1,200円(税別)と、けっこうなお値段なんですよねたらーっ
「咎井先生のイラストは大好きだけど、江戸川乱歩は読んだことないし、買おうかどうか迷うなあ…」という方もいらっしゃるのではと思いましたので、参考までに感想をアップしてみました。
ちなみに私も江戸川乱歩を読んだのはこれが初めてです。

結論から言うと、けっこう面白かったです。
この内容なら「買わなきゃよかった…」と後悔することはないんじゃないかと個人的には思いますイケテル
ただ、書いているのはBL作家さんではなく江戸川乱歩先生ですので、あんまりBL的要素を期待しすぎると肩透かしを食らうと思われます。(同性愛的要素は確実にありますが)
「これはミステリー(ちょっとグロめ)だ」と思って読むのがちょうどいいかと。
ちょっとシャーロック・ホームズシリーズを読みあさっていた頃を思い出しました。
昔のミステリって、トリックが荒唐無稽ギリギリの感じなんですが、とてもシンプルだから理解が早いんですよね(笑)

実は私、この作品を小説で読むのが面倒くさくて(爆)、初めのうちはこの「孤島の鬼」をマンガにリメイク(主人公の性別を女性に変えるなど)した「ドクターGの島」(高階良子先生著)を読もうと思ってたんですよね。
ところがどの電子書籍サイトを見ても売ってないし、アマゾンでも高い中古品しか売られていない(文庫版が比較的最近に発売されているにもかかわらずワッ!)ので、諦めて小説を読みました。なんてやる気のない読者…。
でも中身を読んでその理由がうっすらとわかった。
理由を説明するとネタバレになってしまうので明言しませんが、この「孤島の鬼」は江戸川乱歩が生きた時代だからこそ書けた小説だな、と思いました。今じゃ相当難しいかも。
この話を漫画化できた高階先生も相当すごいです。(漫画未読の身で言うのも何ですけど…)

あらすじからだいたいわかるかもしれませんが、主人公は蓑浦というあまりやる気のない会社員(外見は綺麗)。
そして、彼の友人でこれまた容色優れたる諸戸。この二人を軸にして物語は進んでいきます。
この二人の同性愛的要素に期待しすぎるとガッカリすると思うのですが、この「箕浦を想う諸戸」という構図があったればこそ、この作品が唯一無二のものになっていると思うんですよねモグモグ
これがないと、「ちょっとグロいミステリー」で終わってしまいかねないかも…。
一途に蓑浦を想う諸戸の存在が、この作品の雰囲気を耽美なものにしてる気がします。

このお話の感想をネタバレせずに書くって難しいですね…。
ちょっと何が言いたいんだかよくわからなくなってしまいましたが、内容のレベルについては(好き嫌いはあると思いますが)保証できます。現代まで読み継がれている名作なので私が保証するまでもないんですが。
なので、値段が気にならなくて、咎井先生のイラストがお好きなら買ってみる価値ありなんじゃないでしょうか。
特設サイトに載ってるイラストも実に暗示的で素敵ですしねてれちゃう(絵の意味は本編を読めばわかります)
 
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「さんかく窓の外側は夜」1〜2巻 ヤマシタトモコ

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
書店員の三角(みかど)は、昔から不気味なモノを視てしまう体質で、除霊師の冷川(ひやかわ)にその才能を見い出され、無理やりコンビを組まされてしまう。
冷川はすご腕ではある が、情緒や生活能力に欠けており、お茶出しや「空気読み」など三角の出番は多い。
そんな中、ある殺人事件に遭遇し…。
日常に潜む恐ろしくかつ不思議な現象 を見つけてはズバリ解決☆
凸凹コンビの霊感エンタメ!

《あらすじ》
殺人現場に残されたのは「呪い」の気配だった。
手掛かりは死者がつぶやいた「非浦英莉可(ひうら・えりか)」という名。
除霊を生業にしている冷川とその助手・三角。
2人はあ る女子校で起こった心霊被害の調査中、思いがけず「非浦英莉可」と遭遇する。
英莉可の正体が高校生だということに衝撃を受けながらも、あることに引っかか りを覚える冷川。
それは三角が霊能力の高い人間と「ひかれ合う」ということだった。
「きみは私が見つけたんだから、私のものです」
冷川はいったいどんな手段に出るのか…?


こういう作品、今となってはけっこうレアなのかもしれません。
つまり、主役二人は恋人でもないし性的関係もないんだけど、傍から見ると明らかに友人以上の関係(もしくは作中、それを匂わせている)だ、っていう。
ちょっと峰倉かずや先生の「私立荒磯高等学校生徒会執行部」を思い出しました。
まあ、「さんかく窓〜」のほうが明らかにBLっぽいですがイヒヒ

以下、ネタバレです。

 
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「テンカウント 1〜3」 宝井理人

JUGEMテーマ:BL漫画
《1巻あらすじ》
「黒瀬くんといると、少しだけ普通の人になったみたいに錯覚する」

潔癖症の社長秘書・城谷は偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、潔癖症を克服するための個人的なカウンセリングを受けることになる。
10項目を1つずつクリアする療法を進めるうち、次第に黒瀬に惹かれていく城谷だが……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、センシティヴな恋のセラピー。


《2巻あらすじ》
「今日ずっと、黒瀬くんに触られることばっかり想像してました」

心を預けはじめていた黒瀬から、突然カウンセリングの終了を告げられた城谷。
ショックで引き籠もる彼のもとに、再び黒瀬から呼び出しのメールが届く――。

黒瀬の隠された胸の裡を知り、城谷は……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、二人の関係が加速する、急展開の第2巻!!


《3巻あらすじ》
「俺の体、黒瀬くんの匂いでいっぱいだ」

二人での外出中、黒瀬とのキスを想像して、体を反応させてしまった城谷。
なぜこんなふうになってしまうのか、自分でもわからないまま、熱い体をなだめてゆく黒瀬の手を止められない。
裏腹な心と体に翻弄される城谷は……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、堕ちてゆく二人の恋のセラピー。


オギャ―――ッ!!!
やばいですやばいです、久々に萌えの波がやってきました…っ!
城谷さんのエロ可愛さが尋常じゃないモゴモゴ
3巻まで読みましたが、もう続きが気になりすぎて雑誌買ってしまおうかとすら思ってます!
1巻のどちらかというと静かなストーリー展開からは想像のつかない急展開ぶりに、目が離せません!

以下、ネタバレです。
おまけに今後のストーリー展開なども勝手に想像しておりますので、万が一的中してしまったらすみません(←考えすぎ?)

 
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「王様、お手をどうぞ」 夕映月子

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
王様のようなその男に目を奪われた。
まるで恋に落ちたみたいに―――。
大学生プロダンサーの杏里がレッスン先で出会ったのは、美しい肉体と強い存在感、あらゆる意味で日本人離れした同い年の江神。
由緒ある出自の彼が男女混合練習を拒否したため、杏里は男同士で踊ることを提案する。
予想外にダンスの相性が良く、また傲慢さの中にも不器用な優しさを持つ江神に、杏里は次第に惹かれてゆき……?
社交ダンス部で始まる恋。


夕映先生の作品を読むのはこれが初めてなのですが、何だかじんわり来るいい作品だなあと思いました。
夕映先生としては「脱・地味」を目指して書かれたようですが、他の作品を知らないこともあり特に派手だとは感じなかったですたらーっ
でもキャラクターの心情に誠実に寄り添って、丁寧に書いている感じがしてすごく好感が持てました。
そしてすごくダンスが見たくなりました(←ダンスがしたい、とは言わない(笑))

お話としても派手な出来事が起こるわけではなく、本当に近所の大学とかでも起こり得そうなエピソードを一つ一つ積み重ねていっている印象です。
ただ、舞台がお金持ちの子女が多く通う大学で、主人公の杏里が大学生であると同時に世界を飛び回るプロダンサーであるという点が得意といえば得意かもしれません。
杏里と璃々(杏里の双子の姉)みたいなカップルがいたら絶対ファンになってしまうよ、私…!てれちゃう

杏里が母と双子の姉と共に、江神の所属する社交ダンス部に講師として行くことになったところから物語は始まります。
江神の傲慢な言動に最初は反発する杏里でしたが、ダンスの相性がものすごくいいこと、そして江神が不器用ながらも優しい心を持っていることに気づいてからは徐々に惹かれていきます。
この江神の「不器用な優しさ」って奴がこの作品最大の魅力かもしれませんラッキー
もちろん江神が杏里に好意を持っているからこその行動なのでしょうが、普段王様みたいにふるまっている彼が焦ったり不安になったりしてる様子はかなり萌えます!

由緒ある家柄の出身ということもあり、自由に何かをするという発想に乏しかった彼ですけど、杏里に出会ってだいぶ変わったんじゃないかな。
江神の家の権威はすごいものがあると思うので、彼が杏里と一緒になるためにはかなりの苦労が伴うかもしれませんが、こっちが切なくなるくらいに杏里のことを想っている江神にはキュンキュンさせられっぱなしでしたラブラブ
王様が初恋にかしずいてる感じ、よかったです〜。
夕映先生のほかの作品も読んでみようかな。こういう丁寧に仕上げられてるのが感じ取れる作品って好きです。
 
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

2014年10月の購入予定&拍手コメントのお返事

げげっ、知らない間に9月も終わりにさしかかってるじゃないですか!
さぼっててすみません。
気づけば9月の購入予定すらまだ書けてなかったのですが、もう今更アップしたところで「今頃かい!」というツッコミが来そうなのでやめときます。

10/21 「Calling」(花丸文庫BLACK) かわい有美子
10/25 「だってまおうさまは彼が嫌い 2」(ドラコミックス) 山田二丁目
10/25 「灰とラブストーリー」(キャラ文庫) 砂原糖子
10/25 「FLESH&BLOOD 23」(キャラ文庫) 松岡なつき
10/25 「猫科男子のしつけ方 5」(ウィングコミックス) 右京あやね
10/29 「無慈悲なカラダ」(花音コミックス) 桜賀めい
10/30 「Star☆Knight」(ディアプラスコミックス) 扇ゆずは

豊作ですね〜〜。
けど一番驚いたのはかわい先生の花丸文庫BLACKへの進出!
どんな感じになるんでしょ〜。BLACKにも系統が色々あるので、エロよりも切ない感じの作品になるのかな。
どちらにしろ楽しみです!

ではでは、以下拍手コメントのお返事です。
 
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「COLD HEART in NEWYORK」 木原音瀬

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
秋沢のことを本当に好きになってから二人甘い蜜月を過ごしていたが、ある日秋沢のスキャンダルが発覚。
楠田が問い詰めると、彼は悪びれもせずに関係を持ったと口にした。
それを悪いとも、そもそも浮気とも思っていない秋沢に楠田は耐えられず別れを切り出すが、彼の極端すぎる執着に楠田は…。
好きだけど、愛しているけど、一緒にいられない―――。
COLDシリーズスピンオフ、書き下ろしも100ページ超収録!


「COLD HEART」、後編です。
いや〜〜〜。「COLD HEART in TOKYO」は割と甘めに終わったものの、木原先生のことだからこのままでは終わらないだろうと思っていました。
思ってましたが、想像を超えた…唖然
何よりもまず、愛ある絡みがほとんどないことが辛い。
一応希望を感じさせる終わりにはなってましたが、楠田が負った傷のことを考えると、私はこの二人はやっぱり別れた方がいいんじゃないかと思いました。
お話は面白かったけど、ちょっと辛すぎて読み返せないです…。

以下ネタバレ。割と激しく秋沢を罵っています。
 
続きを読む >>
web拍手
TOPへ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM