スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「あでやかな愁情」 崎谷はるひ

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
行方不明の母―――その情報の断片に触れた小山臣は、以来、幼い頃からの実体験を夜ごと夢に見るように。
過去の悪夢に怯えながら目覚めては傍にある秀島慈英の存在に安堵の息をつく臣は、母のことに向き合う決意をする。
そんな折、慈英と契約関係にあるエージェント、アインが臣に「慈英をちょうだい」と言い放つ。
驚き、怒りを覚える臣だが……!?


発売延期になっていた慈英×臣シリーズ最新作。
今回は「光臨の導き」がらみの事件勃発と、臣vsアインの対決(?)もあっていつもの通りボリュームたっぷりです。
これで「第二部」完結だそうで……ってことは第三部もあるんでしょうね(決めつけてる)
今まではあまりはっきり出てこなかった(と思う)臣の過去が描かれてる関係で、子供の頃の臣(イラスト付き)が出てきます。
やっぱ心が痛みますね、その頃の臣を想うと。だからこそ、慈英の手は絶対に離さないでいてほしいもんです。

以下、ネタバレです。

続きを読む >>
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「あなたは怠惰で優雅」 崎谷はるひ

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
中学時代からの友人・弓削碧に誘われたはなやかなパーティー。
志水朱斗(しみず・あきと)は、容姿も極上で芸術的才能にも恵まれている碧に、中学のころから六年近くも恋している。
その片恋に疲れた朱斗は、新年のカウントダウンのときに、最後だと思いながら碧にキスを。
泣き出しそうな朱斗を碧は会場の外に連れ出し、怒りながらも激しいキスをしてきて……!?


朱斗は碧みたいな男のどこがいいんだろう……。

読み終わったときに一番最初に頭に浮かんだことがそれでした。
けっこう楽しみにしてたのにこんな評価になってしまったですよ…
というわけで、結構辛口感想です(主に碧に対して)。
この作品を好きな方は読まないほうが無難かも……読んで不快になられても責任は取れませんのであしからず。

web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「エブリデイ・マジック −あまいみず−」 崎谷はるひ

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
大学生の赤野井三矢(あかのい・みつや)はサークル仲間から悪質な賭けの対象にされ、そのために図らずも自分が男性に恋する性質であることを自覚してしまう。
ふと入ったカフェ≪エブリデイ・マジック≫で泣きだした三矢は、店員・上狛零士(かみこま・れいじ)に話を聞いてもらううち、「恋人」として付き合うことに。
それから一年、恋人であるはずの上狛に三矢は片思いし続けていて……。


うおおおおおお……!!
何気なく手にとってみたら恐ろしくツボでびっくりしました。
上狛みたいな腹黒むっつりな攻めは大好物ですよ!
逆に、上狛にハマれなければ評価が分かれる作品ともいえるかもしれませんが。
崎谷先生にしては珍しく(?)濡れ場は最後に一度だけですが、これが濃い濃い!!

濡れ場が最後に一度だけ、っていうのは私的に結構リスキーだと思っています。
というのは、ここでツボに入らなければエロに関して不完全燃焼のまま読み終えてしまうことになっちゃうじゃないですか。
崎谷先生の作品でそういう経験をしたことがあったので、この作品でもそうなるかも…と恐れてたのですが、まったくの杞憂に終わりました。
私、上狛が好きでたまりません!!(誰も聞いてません)

以下、内容についてネタバレです。

web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

崎谷はるひ100冊刊行記念小冊子「100の夜をきみと」


JUGEMテーマ:BL小説

届きました〜〜。といってももう1週間くらい前の話ですが…。
あとがきを読むまで、この小冊子が100冊刊行記念だということをすっかり忘れていて、なんでタイトルが「100の夜をきみと」なんだろう…と思ってました。
応募したのが春か夏くらいだったからなあ……月日の経つのは早い

内容は「爪先にあまく満ちている」の寛×來可のラブラブ番外編です。
本当にラブラブしてるだけのお話です(笑)
甘えたがりの寛と、甘やかしてあげるのが上手になってきた來可のイチャイチャがボリュームたっぷり。
……なんですが、本編よりもエロに萌えられなかった!
も〜〜、なんで〜〜〜?
すっごく楽しみにしてたのに、萌え大爆発!とはいかなかった自分が激しく残念。
ところどころ萌えたシーンはあったのになあ…。

以下、内容についてネタバレです。

web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「ハピネス」 崎谷はるひ

評価:
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス
¥ 650
(2008-07-15)

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
流水純司(ながみ・あつし)が二十二歳のとき、友人の忘れ形見・日置裕太を引き取ってから七年が過ぎ、裕太も高校三年生に。
流水が若くして課長になれたのも、裕太を育てるため頑張って働いた結果だ。
健やかに成長した裕太は流水唯一の自慢。
しかし、流水と距離を置きはじめた裕太が、家を出ようとしていると知り、流水は……!?
商業誌未発表短編も同時収録。


ネットでこの作品の感想を見る限り、それほど評判は良くないような印象があったので、正直あんまり期待はしてませんでした(爆)
でも崎谷先生だし、一応……と思い、購入したまま積読状態にしてました。買ったらすぐに読んでしまわないと気が済まない私にしては珍しく。
先日やっと読むことができたのですが、思ってたよりも面白かった!
あんまり期待せずに読んだのがかえってよかったのかもしれません。

言ってみればよくある家庭内恋愛ものなのかもしれませんが、手を出したくても出せない裕太の葛藤とか、いきなり「男」になった裕太に対する流水の戸惑いとかが非常にシンプルかつ分かりやすく描かれていて、ありきたりな展開にはなっていないように思えます。
互いの気持ちを知り、互いを受け入れると決めてからもまだひと悶着あるのですが、そのあたりも「あ〜、わかるわかる」と共感できて、結構分厚い文庫なのにあっという間に読んじゃいました
穏やかに見えて実は裕太よりも独占欲が強いんですよね、流水は。

これは新装版らしいのですが、旧作とはだいぶ趣が異なるようです。
ネットの感想を見る限り、旧作よりもだいぶエロが増えてるみたい(笑)
さもありなん、ですよ。ざっと数えて40ページくらいあるもんなあ。
けどこんなにボリュームがあるのにあんまり萌えはなかった
なぜなのか自分でもよくわからないのですが、こんなにエロがあるのに萌え切れないと、何だか損した気分になります。
短編の方もすごくエロエロしいのに、こっちもまた萌えらんなかったし……まあ、相性というものがあるということなんですかね。

web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「爪先にあまく満ちている」 崎谷はるひ

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
入学以来連続でミスターキャンパスに選ばれている綾川寛(ひろい)は、眉目秀麗、成績優秀、性格も穏やかで人望も厚く、そのうえ社長令息とまさに「王子様」のような大学三年生。
そんな寛に、岡崎來可はあからさまな敵意を向けてくる。
しかし寛はなぜか來可が気にかかり、避けられながらも構い続けることに。
実は來可には寛との忘れられない過去があり……!?


ホントは買うつもりなかったのですが、買っちゃいました。
このシリーズの前作に当たる「静かにことばは揺れている」も読んでないままですし、こっちもまああんまり興味ないなあ…と思っていたのですが、ネットの感想で「エロい」と書いてあったのを目にしたので買ってしまいましたよ(笑)
何なんでしょうか私、最近エロに飢えてるんですかね

えっと、結論から申し上げますと、私はそんなにエロくは感じなかったです。
ただ、いつも王子様然とした寛がめちゃくちゃ切羽詰まってる様子が拝めますので、そういうギャップ萌えがエロさを醸し出してるのかな、という気はしますね。
でも私にはラブラブ具合が足りない!
なので、小冊子にも応募するつもりです。二人のラブラブエッチが読めるそうなので、超楽しみ。
寛は作中で言われている通り、品行方正なヤリチン(笑)なのできっとスケベなことになるはずだ。

二人の間にいかなる過去があったのかは言及しませんが、思っていたほど來可のトラウマはえげつないものではありませんでした。
ネットの感想では來可が結構なトラウマを背負ってるとあったのでびくびくしてたのですけども、心の準備ができてたせいかそれほどまでには感じず。
そして綾川父が冷静に諭してくれたせいか、二人の間の過去を若干客観的に見られるようになり。
最終的に思ったのは、やっぱり綾川父はすごいなという、その一言
私は彼が主役の「静かに〜」は読んでいませんが、その作品でもこんなにカッコよかったんでしょうかね。

ところで作中に出てくるライカ犬ですが、調べてみたら結構悲しい由来があるみたいですね。
このお話で読むまで、そんな犬がいたなんて知りませんでした。
來可はその犬と自分を重ね合わせて自嘲してましたけども、これからはむしろ、寛が來可の犬になる気がする。
それも、あんまり言うこと聞かないスケベ犬
そんな寛のイチオシ台詞はこちらです。

「來可、ぐしょぐしょだから、飲んで……」


【リンク作】
「心臓がふかく爆ぜている」
web拍手
TOPへ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM