スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「きみが恋に乱れる 1」 高永ひなこ

評価:
高永 ひなこ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 588
(2012-11-30)

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
呉服屋・藤乃屋で営業を担当する鬼島彰悟(きじま・しょうご)は、友禅染めの工房で働く市川弓月(いちかわ・ゆづき)の才能に惚れこみ、新作着物の図案を依頼する。
なかなか快諾を得られずにいるなか、弓月から仕事相手以上の好意を向けられていると気づいた鬼島。
それでも熱心に説得を続け、とうとう企画に参加させることに成功したが、その矢先、自身の失恋に心乱された鬼島は激情のままに弓月と一線を越えてしまい―――?
すれ違い絡み合う大人たちの恋模様、第1巻!
描き下ろし漫画も収録。


ヤッホ―――イ!!
待ってました、鬼島さん主役のスピンオフ!
連載してることは知ってたのに、最近まで発売を知らずにいました。チェック甘かったですね〜。不覚。
前作で陣内に振られてしまった鬼島さんですが、今回彼と恋に落ちるのは陣内とは真逆のタイプ、おとなしく真面目そうな弓月。
見るからに慣れてそうな鬼島さんとの組み合わせのせいか、高永先生の絵のせいか、なんとなく「成澤准教授の最後の恋」を思い出してしまう(苦笑)
もちろん、中身は全く違う話ですがね。

では、以下ネタバレ感想です。
続きを読む >>
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「恋する暴君 8」 高永ひなこ

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
「恋愛脳なのもいい加減にしろ!!」
先輩も最近は俺のことを憎からず思ってきてくれている、と思ってたけれど、それは全部ただの錯覚だったんだろうか―――。
思い悩む森永は、宗一から離れる決意を…!
そして宗一もまた、森永を、自分の気持ちを、本気で考えはじめて…。
お互いに本音をぶつけ合う、クライマックスの第8巻!!
二人の恋も、一旦決着!?


待ちに待った「恋する暴君」。
いや〜、やっと読めました。森永が幸せになれてよかった
ハッピーエンドになることはわかってましたが、今回意外だったのは宗一だけでなく森永の表情に目を奪われることが多かったこと。
宗一が可愛らしい表情をするのはもはやデフォルトですが、森永くんに関してはそれほどでもなかった印象です。セリフや行動に萌えを感じることの方が多かったというか。
今回はやっと思いが通じたということで、喜びもひとしおな森永の色んな顔が拝めて新鮮でした。

では、以下ネタバレ感想です。

web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「恋する暴君 7」 高永ひなこ

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
背中に回る先輩の両腕、あの夜の苦しく甘い息づかい……
先輩も、もしかして俺を、求めてる?
ところがふたりの同居生活は普段通り。
やっぱり森永の期待も錯覚だったのかと思いきや、ささいな触れ合いも意識しているような宗一の態度はぎこちなく…。
そんな時、森永の昔の想い人・真崎が、ふたりの前に現れる!
「会うなよ、二度と!」
―――先輩、それって…嫉妬ですか?


本日二度目の更新です。

私はこれが最終巻だとばかり思ってたのですが、表紙の森永くんの表情を見て違うと確信(笑)
最終章の前半戦だそうです。
本編は一応8巻で終了、ということになるのですね。
その後も後日談みたいなものを描かれるそうですが、それは番外編みたいな位置づけになるんでしょうから、やっぱりこの7章が最終章ってことになるんだろうな。
萌えもしっかりあり、そして最終章ってことで切なさもありで、いつも以上に安心のクオリティなのですが、8巻での盛り上がりを期待して星四つにさせていただきました

では、以下ネタバレ感想です。

web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「不器用なサイレント 3」 高永ひなこ

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
「……! ……!! 〜〜!!!」
エリート生徒会長・加賀見に唇を奪われてしまった、遠野の幼なじみ・相良。
つかみどころのない(しかし決めるときは決める!!)言動の加賀見に振り回されているうちに、心の中に何かが芽生えたみたい!?
遠野&田宮&チビ遠野くん&遠野ママも大活躍!!
大人気がとまらない第三巻、描き下ろしつき!!


これも大好きな作品なので、新刊がやっと出てマジうれしいです
田宮×智は安定期に入っちゃったので、この3巻は加賀見×相良のお話がメインになってます。
なので田宮と智のファンの方には物足りないかも?
でも智たちって両想いになってだいぶ経ちますし、これといったライバルも障害も無くなっちゃいましたから、話が発展しなさそうですよね(汗)
登場してもイチャイチャするくらいしかなさそうです。現に描き下ろしではそんな感じに…。

やっぱりカップルはくっつくまでが一番楽しいなぁと改めて思いました。
なので加賀見・相良カップルは今が一番見てて楽しい!
加賀見の腹黒いキャラはやっぱ素敵ですね。のらくらしてるように見えても、決めるときはびしっと決めてくれますし。
相良のツンなキャラクターもいいわ〜〜。かわいいです。
高永先生って本当にツボを外されないですね。王道なんだけど陳腐さを感じないです。

3巻が出たばかりですが、早くも続きが読みたくなってます。
もう相良は陥落したようなものですし、この勢いで最後までいってもらいたい!
ガンバレ加賀見

blogranking
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「きみが恋に溺れる 3」 高永ひなこ

評価:
高永 ひなこ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 588
(2010-07-31)

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
呉服屋・藤ノ屋に勤める陣内和史にとって、社長令息であり店長の主藤礼一郎は、上司であると同時に年下の可愛い恋人でもある。
陣内を好きだという先輩の鬼島からの横槍もものともせず、二人は幸せ絶頂…のはずだったが、礼一郎の見合い話が進むにつれ、微妙なすれ違いが生まれてしまう。
さらに、その隙をつくように鬼島が陣内に再び迫ってきて…!?
大人たちのままならない恋の行方を描く大人気シリーズ第三弾!
描き下ろしも収録!


今回すっごく面白かったです!
高永先生は本当に王道を外されない方ですね〜
ツボというものを本当によく心得ていらっしゃる。
今回はすれ違い編です。

前回から引っ張ってた礼一郎の見合いの日が、とうとうやってきます。
礼一郎は断るのですが、即行で断ってしまったため相手の女性が「何か失礼なことをしたのかしら…」と尋ねてきて、そんなことないですよ、と言ってるうちに断ったはずの見合いがなんか徐々に再燃しかかってくるんですよ。
そうなると、陣内としては心穏やかではいられないわけで。
礼一郎にその気がなくても、跡取りである彼はいずれ結婚を求められるわけで、その「いずれ」が今なのではないかと焦ってるんでしょうか。
2巻から陣内はどことなく精神不安定ですね
それでとうとう限界が来て、礼一郎に無体な真似を……でもあれは、かなり萌えました(笑)
礼一郎にあんなことができるのは陣内だけですね。

でも礼一郎は肝が据わってます。陣内よりこの人のほうがよっぽど大物ですよ。
礼一郎は他人に対して感情を動かすことがあんまりないですけど、いったん懐の中に入れた人間に対してはとても優しいんですよね。春にもそうだったし。
鬼島じゃないですけど、こんなに愛されてるのにどうして陣内は不安だったのかな〜。
でも、幸せな終わり方でよかったです

あとがきでは「これで一区切り」とありましたけど、ということは「溺れる」はこれで終わりなのかな??
まだ続いてくれても一向に構わないんですけど……まぁ、展開的にここらへんで終わっとくほうがいいのか?
次はできれば鬼島のお話で!
彼がこのまま当て馬として終わってしまうなんてもったいなさすぎます!
いい男だし、性格もいい感じだし、絶対主役張れますよね。
彼が幸せになるところがみたいです。今から楽しみだ(←もう連載が始まると思ってる)

blogranking
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「恋する暴君 6」 高永ひなこ

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
カナダの夜は特別だった……。
たぶん、いや確実に、先輩は俺を…自分から求めた。
先輩のその変化はきっと、俺たちの関係を今までと違うものに変える…はず!
期待をふくらませた森永が待つ日本に、宗一が帰国。
しかし、事はそううまくはいかないのであった…。
そんな折、巽家の父が帰国することに。
宗一との同居解消の不安と、巽父との初対面に動揺する森永だったが―――。


今回は限定版が出ておりまして、画像のうち上にあるほうがそれです。
私は通常版を買ったのですが、限定版のほうが表紙は綺麗ですね。
でもストラップのために500円くらい高い限定版を買うのはちょっとなぁ
そこまでコアなファンではなかったようです(笑)

5巻は宗一さんがフィジカル面に目覚めたり、森永兄の番外編が収録されてたりで色々と濃い内容でしたが、今回も目が離せない展開になっております。
とはいっても、最後の二話は雑誌で読んでおりましたので、それほどの新鮮な驚きはありませんでしたが。
感想はこちらです。→STEP5STEP6

今回は森永がガラにもなく(?)グルグルしてるので、ちょっと切ない感じでした
磯貝などのおなじみのメンバーが総出演してにぎやかなんですけど、それだけに森永の不安が際立つというか。
巽家はものすごくいい家族なんですけど、それだけに自分の家族と比べてしまって辛くなってしまう森永くんが悲しかったです。
兄とは仲直りできたけど、両親とはやっぱり絶縁状態なんですもんね。そりゃ辛いよね…。

でも彼には宗一がいるから大丈夫だなって思えました。
何か宗一も、森永が辛いときとか様子が変なときはよく気がつくようになってきましたよね
何かこういうのっていい感じ。まだ素直に森永が好きとは言えないみたいですが、確実に気持ちが傾いてきてますよね。
あとがきによると既に後半戦に入っているとのことなので、これからどうなるのかとっても楽しみです。
しかも次の巻は山場に入るとか! どんな山場なんだろう。ひょっとして宗一さんにライバル登場でしょうか。
もうしばらくしたらまたGUSHで連載が始まるみたいですが、コミックス発売まではあと一年くらいかかりそうですね(汗)

ところで作中で「名古屋のモーニングはすごい」という記述があったのですが……私もその話は聞いたことがあるのですが、具体的にどうすごいんでしょう?
ちょっと気になるなぁ。

【既刊】
「恋する暴君 7」
「恋する暴君 8」

blogranking
web拍手
TOPへ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM