スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「いかさまメモリ 2」 夏目イサク

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
両思いのはずなのに、すれ違う津田と中野。
そんな二人の微妙な関係に興味を持った津田の上司・佐伯が、中野を連れ出してしまう。
二人を捜して町中を駆け回る津田だけど……?
津田&中野の恋、感動の完結編と、“永遠のモラトリアム”佐伯の運命の出逢いも収録。
おもちゃ業界が舞台の十年目の再会ラブ


2巻が発売されるにあたって1巻を読み返したかったのですが、実家に置いてきてしまったのでできず(爆)
なのでちょっとばかし前回の内容がうろ覚えなのですが……まあ大体は覚えてます!(ホントか?)
1巻でもう既に津田と中野はほとんど両思いだったので、2巻の最初の方でもうくっついてしまいます。
残りは佐伯と、彼が勤めている会社の事務員・上田さんの息子、康平(こうへい)くんのお話です。
…私的には、全部津田と中野の話でよかった……(こらこら)

津田・中野編は佐伯からのちょっかいを経て、収まるところに収まったって感じです。
津田が昔みたいに自分の本心を偽ったりせず、本気でぶつかったからこそですが。
二人がもう一度身体を合わせるシーンでも書かれていましたが、二人の気持ちは高校の頃から何にも変わってなくて、本当にあの頃の続きを見ているようでした。
幸せそうでなにより
その後の佐伯×康平編でも津田が中野にメロメロになってる様子がうかがえて、ほほえましかったです。

津田・中野編がちょっとエロ薄めだったのでもうちょっと補完があるかと思ったのですが、なかった(涙)
代わりにと言ってはなんですが、佐伯と康平のお話が収録されていました…が、私は津田・中野カップルのほうが好きだなあ。
佐伯にしても康平にしても、互いを好きになった理由がちょっと私には納得できなかったというか……まあ、人を好きになるポイントは人それぞれですからいいんですが
しかし佐伯も昔はけっこうアツいやつだったんですね〜。

なんでもさらっと流していた(けど手は早い)佐伯が、禁猟区の獲物に手を出しちゃったって構図はなかなかオイシイですし、康平の王子キャラも慣れると面白いんですが……津田と中野でもう一冊出していただけないものか。
今月下旬発売のファンブックで、とか…
でも帯を見る限り、掲載されるのは「飴色パラドックス」でしょうね。それはそれで嬉しいのでいいんですけどね。
なんというか、面白かったのですが津田と中野のお話というよりも佐伯と康平のお話って印象が強い本でした。

【既刊】
「いかさまメモリ 1」
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「飴色パラドックス 2」 夏目イサク

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
相変わらずケンカは絶えないけれど、なんだかんだで毎日ラブラブな尾上と蕪木。
そんな二人の前に、蕪木の妹・理子(のりこ)が現れる。
蕪木兄妹の仲はあまり良好でないらしく、うっかり理子と意気投合した尾上は、なぜか蕪木を痛い目に遭わせる計画に協力することになり……?
大人気シーソーゲームラブ、とりあえずのフィナーレ!!


フィナーレってなんなんすか……とあらすじを読んでどんよりした気分になりましたが、読んでみたらやっぱり面白かった
この二人は本当に好きなカップルなので、また連載してほしいです。
あらすじにわざわざ「とりあえず」とつけてるからには、また連載するぜっていう編集部さんの意向があるんですよ…ね?(聞くな)

では、以下ネタバレ感想です。
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「いかさまメモリ 1」 夏目イサク

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
大手おもちゃ会社に勤める中野は、新しく取引することになった下請けメーカーで高校の頃の親友・津田と再会する。
実は卒業間際に弾みで寝て彼への思いに気づき、直後に彼女を作った津田を避けていた中野。
だがそれはもう十年も前のこと。
平気なつもりで共に企画を進めるけれど……?


夏目先生の作品は私的にヒットする時とそうでない時の落差が激しいので、新作が出るときはいつも買うかどうか迷います。
今回は発売日当時むちゃくちゃ忙しくて買うのを忘れていた(爆)というのもあったのですが、そのおかげで(?)人様の感想を読んでから買うことができました。
ネットでの評判を読む限り面白そうだと思い買ってみたのですが、当たりでした
夏目先生の作品で一番のお気に入りは「飴色パラドックス」なのですが、これも好き!
ただでさえ再会ものは好きなのですが、中野の可愛さとか、二人の青臭いすれ違いとかもうたまりません!

十年前、二人ははずみで身体を重ねてしまったわけですが。
中野はいまだにそのことを引きずってます。当の津田と再会してそのことを思い知らされるわけですね〜。
寝てしまった後、津田が彼女を作ったことが事態をややこしくしてる原因なわけですが、津田は津田で色々考えるところがあってのことで。
二人とも互いを思い合って行動してるのに、それが皮肉にもすれ違いを生んでしまうところがもどかしくてオイシイです(←オイ)

なんていうかな、二人とも外見は変わっても高校生のままって感じなんですよね。そこがすごくいいなって思います。
もういい年なのに好きな人に気持ちが通じなくてジタバタしたり、素直に言葉を受け取れなかったり。
大人になっても恋愛には不器用なままっていうのがなんともツボですね
二人の関係が「そういう」意味で深まったのは、高校のときはずみで寝た時だけだったんだろうけど、その時ですら不器用極まりない!
「寝た」と言えるのかどうかさえよくわからない過去ですが、だからこそ忘れられない思い出になりそう。
今度こそ思いを確かめ合ってラブラブになれるといいですね。次あたりで両思いになってほしいな〜。

【既刊】
「いかさまメモリ 2」
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「デビルズハニー」 夏目イサク

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
「なんでも捧げちゃうぜ、先生になら」
生徒に人気の体育教師・菅谷が命じられたのは、ヤンキー集団のリーダー格・吉野を監視すること。
ところが実際の彼は、とっても素直で菅谷に好意的
キラキラまぶしい吉野に急速に惹かれていく菅谷は、思わず手が出てキスもしちゃって…!?
最強の小悪魔、現る!!
描き下ろしアリ☆


あらすじを読む限り「それほど萌えられないかもしれない…」という予感はあったのですが、まあいいやと思い購入。
結果はご覧の通り。可もなく不可もなくといった感じでしょうか。
ハマれない予感がするなら買うなというご意見もありましょうが、萌えの台風を起こした「飴色パラドックス」を知ってしまった後だと、この作品も「飴色〜」に匹敵するのではないか…みたいな期待が膨らんでしまいまして

もともと私、先生×生徒というカップリングにはさほどの萌えを感じないのです。決して嫌いというわけではないのですけどね。
むしろ逆の方が萌えます
生徒×先生だと、受の先生が「生徒と関係するなんて…」っていう罪悪感を抱きながらも、グイグイ迫ってくる生徒を拒みきれない…みたいな背徳感を味わえます。
それに攻めの生徒の方でも、まだ子供である自分を嫌悪して、大人である先生に追いつこうと必死になってる姿を拝めますしね。
この萌えパワーはまさに図り知れません。

先生×生徒でも、生徒に手を出してるわけですから罪悪感とかはあるんですけど、微妙に私の萌えポイントから外れるんです。
たぶん、変質者目線に近くなってしまうからだと思うのですが。
菅谷はさわやか系で変質者からは程遠いキャラですが、私の中でどこかそういう意識が働いてしまって、萌え切れなかったのだと思います。
けど、生徒である吉野視点になると、どこか子供扱いされてることへの不安と焦燥が垣間見れて、私はこちらの方が好きでしたね
発言とか態度は小悪魔なんだけども、吉野はだいぶ純情な奴ですから。

というわけで、いつもの夏目先生の作品の雰囲気から大きく外れることのない、ある意味オーソドックスなお話でした。
私は残念ながら萌えられなかったのですが、夏目先生の作風がお好きな方には普通に楽しめるのではないでしょうか。
しかし、私は本編よりも同時収録のペット漫画企画「病院へ行こう!」の方が面白く思えました(爆)
夏目先生の飼い犬・太一くんのことが描かれたショートなのですが、たった2ページしかないのにこの印象の強烈さはどういうこと
太一くんが(嫌々ながら)通っている動物病院の獣医さんが素敵過ぎる!
彼を主人公にしてBL描けるんじゃないだろうか……私ももしペットを飼うならここの病院にしたいです。

web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「飴色パラドックス 1」 夏目イサク

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
週刊誌記者の尾上は、移動先の張り込み班でカメラ担当の同期・蕪木とコンビを組むことになる。
密かにライバル視していた相手である上、スクープのためなら手段を選ばない蕪木のやり方が正義感の強い尾上には納得できず、最初は衝突ばかり。
けれど共に事件を追ううちにお互いが気になり始め……?
話題のケンカップル登場


ギャ――――――!!!
ハァハァ。すいませんいきなり。最近叫んでばっかりです。
これよかった! すんごいよかった!!
いわゆるケンカップルのお話で、尾上(受)と蕪木(攻)は相棒のくせにいっつも喧嘩してます。
でも、それがいい! しょっちゅう喧嘩するけど、明らかに喧嘩するほど何とやら、って感じなので見てて微笑ましいです。
私こういうカップル好きだ〜〜。

白状しますけども、私最近どうも夏目先生の作品に萌えられなくて。
この作品も気に入らなかったらもう買うのやめようかな〜とまで思ってたくらいなんですよ。
好きだった作家さんに対する熱が冷めていくというのは読者の立場からしても結構寂しいものがありまして、何となくテンション低めで購入したのですが……思いもよらず、起死回生のホームランが出てしまいました

これまでの作品で萌えられなかったのが嘘のように、この作品では萌えが拾えないところを探すほうが難しいです。
毎回毎回ちゃんとキュンとできるところがあって、見事に作者に乗せられてるなあと思いつつ、でもそれが嫌じゃないんですよね。
蕪木に童貞疑惑をかけられるほど(笑)ウブな反応をする尾上はめちゃくちゃ可愛いし
基本的に経験豊富な蕪木が尾上を振り回すという構図なのですが、彼も時折尾上の鈍さと純情っぷリにまんまと感情をかき乱されてしまうのですよ。
尾上は自分のほうが振り回されてると思ってそうですが、まあイーブンな関係ですね。お互いに均等に振り回されてます(笑)

でも私は、蕪木が尾上に振り回されてる時のほうが好きかな。
攻めが受けに振り回されてる図って萌えますよね……
好きなシーンは、蕪木が怒った理由がわからない尾上が「なんで怒ってんの?」と直球で尋ねるところ。その発言に対して蕪木はさらに怒りを募らせるわけですが、何だか妙におかしくなってしまって。
程よくギャグもあり、とても私好みの作品でした。
あ、もちろんギャグばかりではなくエロもあります。描き下ろしでさらに補完されてましたしね。
この二人はエロも萌えます。今も読み返すと悶えてしまいますね。

いやはや、この作品「どうしようもないけれど」を超えました。
しかもまだ続きが読めるなんて幸せすぎる。人気あったんでしょうねえ、やっぱり。
ありがたや、ありがたや。

【既刊】
「飴色パラドックス 2」
web拍手
TOPへ
よいどれうさぎ

「シュガーコード」 夏目イサク

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
アパート管理人の亮は、町で見知らぬオヤジを助けた大土井の男気に惚れ、行き倒れた彼を家に連れ帰った。
大土井はそのまま亮の部屋に居着いてしまい、あの時の勇姿が幻だったかのように一日中寝てるだけ。
だが地上げ屋に狙われピンチに陥っていた亮を救ってくれたのは、やはり大土井だった。
実は大土井はヤクザで……!?


星三つにしておきましたが3.5くらいかな。
表紙から受ける印象と本編を読んでからの印象が全く違った
裏表紙を見てから買うと「ああ…」と思ったんでしょうけどね。
大土井がとにかく見た目を裏切る男っていうか……。
夏目先生によると百ページ以上書きなおしたらしいですが、雑誌掲載時とどんなふうに変わってるのか知りたいなぁ。

うーん、最初は「好きだー」と思ってた夏目先生なのですが、正直これといった萌えがない。
あえて言うなら絵自体が萌え? 綺麗な絵ですよね
でもそれだけだと今後飽きていく可能性がなきにしもあらず。
「どうしようもないけれど」を読んだ時のような突き抜けた感じをもっと味わいたい…!

といって、大土井が嫌いなわけじゃないんですが。
ただ、私あんまり働かない男好きじゃないんだよ…!
表紙から受けるみたいな印象の性格だったらものすごい好きになってたと思うんですけどね。惜しい。
大土井ってヤクザですけど、紳士的ですからね。犬好きだし(笑)
この作品で一番好きなの、亮の飼い犬のタイショーかもしれません。もふもふ

blogranking
web拍手
TOPへ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM