スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「愛のチカラで恋をするのだ」 夏水りつ

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
身勝手な元カレに大金を餌に復讐を企む成金・黒田圭一とどうしても本日中に現金500万円が必要な音羽薫。
利害が一致した二人は愛と復讐と借金返済のため一路京都へ旅立つことになってしまった。
現金で繋がれた二人の恋の駆け引きは!?


「愛のチカラで恋をするのだ」「ラブライフ」
表題作の黒田×音羽カップルです。
夏水先生らしいといえばらしい作品なのですが、あまり私のツボにヒットしませんでした。
甘いめのお話なんですけど、何か全体的に淡々と話が進みすぎているというか。

「愛の暴虐 恋の純情」「専制君主の恋」
「愛のチカラで恋をするのだ」に出てきた非常に怪しげな社長・雪彦と、その幼なじみ・整(せい)のお話。
展開はまあありがちといえばありがちなのですが、私はこっちのが好きだった。
雪彦みたいな一筋縄ではいかなさそうなキャラは何か好きなのですよ
しかし雪彦はちょっと怪しげなお店のオーナーみたいですが、あれは自力で立ち上げた事業なのか、それとも親から引き継いだ事業なのかどっちなんだろう(笑)

「この胸のときめきを」
高校生の中原は、ひょんなことから同級生の君島とセフレになる。
学校ではクールに見える君島の意外な一面を目にし、彼に近づいた中原だが、彼の部屋でラブレターを発見し…というお話。
これもまあまあかな。甘いです。

「ラブラブミー」
いきなり絵柄が変わってびっくりしました(笑)
これだけ他の作品より二年くらい前の作品みたい。
夏水先生、昔よりずっと目を大きく描かれるようになったんですねぇ。
ただこれはときめきがございませんでしたわ…
「この胸のときめきを」と同じくセフレの樋村と安達のお話で、安達は本気で樋村のことが好きなんだけど、きっと樋村は遊びなんだろう…と思っていて悶々するという展開です。
これは明らかに樋村が悪いんですけどね。言葉が足りないよ、言葉が

いつも私は夏水先生のあとがきは面白いと言ってますが、今回は何か絵がすっごい雑でびっくりしました。
時間がなかったんでしょうか…申し訳ないですがすっごい萎えました(爆)
絵が雑なのは本当にダメなんですよね……下手なのは許せることもあるんですが、雑なのは絶対にいや
たとえあとがきでも。

しかしこれを読んでローリーのモデル(?)がホワイトロリータだということがわかりました。
絵を見ると、食べた記憶がある。たぶんアレだ。うん。
ルマンドはやっぱり食べた記憶がないです。見たこともないし。
今度お店で見つけたら買ってみようかな。
どれだけ壊れやすいのか試してみたい

blogranking
web拍手
TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM