スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「どうしようもないけれど」1〜2巻 夏目イサク

JUGEMテーマ:BL漫画
《あらすじ》
容姿・頭脳・家柄―――三拍子揃ったお坊っちゃま、島野の唯一思い通りにならない相手、それが上司の黒川だ。
ムカつきつつも共に仕事をするうちに、島野は黒川の素顔にふれ、次第に彼に惹かれてゆく。
黒川も島野を憎からず想っているようで、やがてふたりは身体を重ねる関係になるが……?
大人気リーマンシリーズ、待望の第一弾!!


ああ、また好きな漫画家さんを発見してしまった……。
既刊は全部読んじゃいそうな勢いなので、独立でカテゴリー作っちゃいました
夏目イサク先生の絵ってむちゃくちゃ綺麗なんだけど…!!
綺麗っていっても、日高先生の絵とは綺麗さの種類が何となく違ってて……何ていうんでしょう、清潔感が漂ってるというか、スッキリしてるというか。
最後に読んだBL漫画が京山先生の「聞こえない声」シリーズだったものだから、余計に綺麗に見えました(←ファンの方すみません…)

というかこのコミックス、「1〜2巻」と表記しておきましたが、「全2巻」としたほうがよかったんですかね??
BLってシリーズが終了したかと思ったら、また再会することが多々あるので「全2巻」はとりあえずやめておいたんですけど。
2巻発売以降、このシリーズのコミックスは出てないみたいなので、もう終わりなのかな

まあそれはともかく、本編の感想を。
何ていうか、可愛らしい話でした。
島野も、表では仕事のできるイケメンで次期社長なんですけど、黒川が絡むと乙女みたいになるし(こういうのはツンデレという…のかな?)
黒川もゴリラみたいな見かけですが(失礼)、仕事はできるし度量はあるし、かと思えば密かな寂しさを抱えてたりして、島野が惹かれるのも無理はないかなという感じです。

話の内容はまぁ、凝ってるというわけでもないんですが何ともいえずよく。
キャラがいいからですかね。ストーリーが割と王道でも光ってる感じがします。
夏目イサク先生のエロは割と控えめなほうだと思うのですが、私は大好きです
局部を思いっきりはっきり描かれる方もいらっしゃいますが、私としてはできれば隠していただきたいなと(笑)
鹿乃しうこ先生とか、やまねあやの先生とか、はっきり描く派でも好きな作家さんはいっぱいいるんですけどね。
エロだけ取り出してみた場合、私ははっきり見せないほうが好みです。そっちのほうが何かエロくないですか?

(※追記)
書くの忘れてました。
「どうしようもないけれど」のカップルも好きですが、この2巻に収録されている「春なので」のカップルもすごく好きです。
受けの子が極端な人嫌いなのですが、攻めにいろいろされると表情が色っぽくなるんですよ〜!
それがやばいくらいにツボでした。夏目先生の受けキャラはそういう人が多いですね。

blogranking
web拍手
TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://yoidorerabbit.jugem.jp/trackback/264
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM