スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「薔薇の血族」 夜光花

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
俺が守護者である意味が 今 やっとわかった──
十八歳になった夏、自分の運命を知った高校生の相馬啓は、一見平穏な日々を送っていた。
けれど、敵の存在がある限り、薔薇騎士である啓の未来には闘いが待っていた。
薔薇騎士のそばには、常に守護者の存在がある。
守る者と、守られる者。
両者は惹かれ合うことが運命づけられていた。
啓には父親の元守護者であり、幼い頃から自分を守り続けてくれたレヴィンに、新たな守護者であるラウルという、ふたりの守護者がいる。
冷静なレヴィンに、情熱のラウル。
惹かれ合うこの感情は恋なのか、それとも……
薔薇を持つ男たちの運命は複雑に絡み合い───!!


薔薇シリーズ第二弾です。
評価は星四つとしましたが、実際は3.5くらいかなぁ。
面白くなかったわけじゃないんですが、いかんせん長い!!
今回も二段組みのボリュームで、啓の日常とか不死者との戦いとかが延々と描かれているので、申し訳ないのですが途中でダレかけてしまいました
前から薄々気がついていたのですが、私って啓の学校の友人とか、レヴィンとラウル以外の薔薇騎士団メンバーにあんまり興味がないのですよね(爆)

でも、後半のエロに萌えたので星四つにしちゃいました。
前回の流れで行くと、啓とレヴィンが結ばれるのは最後の最後のような気がしてましたけど、何だかあっさり最後までいってしまいました。
性行為=薔薇騎士の能力が失われるってわけじゃないんですね。
エロが読めたのはよかったけど、そんなんでいいのかって気もしないではない
啓の場合、崇高な愛情から身体を重ねたとも言い切れないところがあるし。

これ以上はネタバレになるので、隠します。

つまり、啓はレヴィンだけでなくラウルともやっちゃってるわけで。
話の流れ的にレヴィンが本命だと思ってたので、ラウルともがっつり絡んでたことにはちょっとびっくりしました。
でも私はラウルとの絡みのほうが萌えた!
キャラクターとしてはレヴィンのほうが好きなタイプなんだけど、エロではラウルのほうに軍配が上がりましたね。
しかしこれ、どう決着をつける気なんだろう。まさか二人とも愛するなんてことにはならないでしょうけども。

物語はまだ始まったばかりという感じで、あと二、三冊は続きそうですね。
けど、買うかどうかは正直微妙かもしれないです。
今回この作品で私のテンションが上がったのはエロのところくらいで、あとはあんまり惹きつけられるところがなかったんですよね。
面白くないことはなかったんですけど、なんか淡々としてて(私の中では、ですよ)。
展開が割とゆっくりペースということもあって、あんまり読む気が起こらないんですよね

アダムがなぜ啓の父親と同じ顔をしているのかとか、啓の母親はどうなっているのかとか、前回気になっていたことがほとんど明らかになったので、もういいかなという気もする(爆)
なぜマリアがエリックを裏切ったのかとか、エリックはなぜアダムの幻覚に惑わされないのかとか、明らかにされていないこともあるにはありますが、う〜〜ん。
まあ、第三弾も買うかどうかは、その時の気分や財布と相談して決めることにします。

そういえば、アダムは大量出血させないと殺せないらしいですが、それならロケットランチャーを祝福して撃てばいいんじゃないだろうか……と思ったのですが、なんか身も蓋もない感じなので啓はやらないと思います(笑)


【シリーズ】
「薔薇の刻印」

blogranking

web拍手
TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://yoidorerabbit.jugem.jp/trackback/412
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM