スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「FLESH&BLOOD外伝 −女王陛下の海賊たち−」 松岡なつき

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
身寄りのないジェフリーを引き取り、育ててくれたワッツ船長―――航海の途中で病死した彼に代わって、『キャサリン号』に若き船長が誕生!!
けれどそれは、古参の水夫達の嫉妬と裏切りを呼び覚まして…!?
船長ジェフリーの波乱に満ちた処女航海を描く「船出」、キットと若き日の海賊達との出会い、そして長い片恋の始まりの瞬間を鮮やかに紡ぐ表題作他2編も収録した、シリーズ初の傑作短編集!!


ナイジェルの、ナイジェルによる、ナイジェルのための本。
…という、リンカーンの演説みたいな言葉が頭をよぎる、そんな本でした(笑)
それくらい、一冊丸ごとナイジェルづくし。
収録されている3編のお話のうち、2編がナイジェル視点のせいか、読み終わってもナイジェルのことしか思い出せないくらい、彼の印象が強く残る本になってます
なので、ナイジェルにあまり興味のない方にはキツイかもしれない(爆)

けど、個人的にこれはぜひとも買うべきだと思います!!
お話ももちろん面白いのですけども、注目すべきはイラスト。
彩先生はいつも美麗なイラストを描かれますが、今回はジェフリーたちの昔のお話が収録されているとあって、少年時代のジェフリー&ナイジェルの絵が拝めるのですよ
もう、この可愛さは言葉では表現できません! 特にナイジェル!!

作中、キットが二人のことを「一対の存在」と言ってましたが、まさにそんな感じ。
二人が離れてるところなんて考えられないくらい、二人セットが板についてます。
ナイジェルもものすごくジェフリーに心を許してるし、ジェフリーはこの頃からスキンシップ過多の傾向があるので、もう君たち付き合っちゃいなよと何度思ったか知れません
この本だけ読むと、ジェフリーとナイジェルがこの後海斗を好きになることが信じられないなあ。
互いが互いの足りないところを補う存在ではあれど、恋愛感情が発展していくことはなかったんですね。特にナイジェルの方が。
個人的にはおとなしくジェフリーに抱かれとけばよかったのに……と思うのですが。

では、以下ネタバレ感想です。

「ミニアと呼ばれた男」
まだナイジェルが半人前だった頃のお話。
今ではあんなに怖い航海長も、少年の頃はこんな感じだったんですね。
15、6歳の頃という設定なのかな。う〜ん、初々しい
タイトルの通り、ミニアことヤン・グリフュスが登場する回ですが、彼がジェフリーに手を出してたことが個人的に衝撃でした(笑)
いやまあ、ラウルを抱けるんだからそっちの趣味はもともとあったんだろうと思ってましたけども、まさかジェフリーと……しかもたぶんジェフリーが受けだよね?とか思うとね…。

「女王陛下の海賊たち」
キットとジェフリーたちの出会いのお話です。
たぶんジェフリーたちが20代前半くらいの時の物語かな? 正確な年齢が書かれてないので想像するしかないのですが。
彼らが出会ったのはウォルシンガムから例によって無茶なミッションを頂戴したことがきっかけだったようです。
本編で不運にも殺されてしまったウォルシンガムの息子・トマスも登場。
なんつーか、こんな息子が生まれてきたら頭が痛くなるでしょうね。ちょっとウォルシンガムに同情します

まあそれはともかくとして、任務を遂行するための手伝いをしてくれる者としてジェフリーたちを紹介されるキット。
出会い頭からナイジェルに嫌われるキットが面白いです。邪険にされてメロメロになるって、キットはドMですね。
けどまあ、構いたくなる気持ちもわからなくはない
それに、キットはナイジェルにとって特別な存在だと思いますよ、やっぱり。
何だかんだ言って無関心を装えないんですもんね。まあ、こんなこと言うとナイジェルにぶっ飛ばされそうですが。

ところで、この頃の教養人は古代ギリシャのことに詳しいみたいで、キットの口からポンポンと聞いたこともない単語が飛び出すので、調べてみました(←暇人)
けど、いまいちよくわからなかった(爆)
キットがナイジェルのことを「ガニメデス」と呼んで怒りを買うシーンがあるのですが、調べても何でナイジェルが怒ったのかよくわかりませんでした
ガニメデスは美しい少年だったそうなので、容姿をからかわれたと思ったのかな?
そんなキットはウォルシンガムの息子から「ダ・ヴィンチの『聖ヨハネ・バプティズム』にそっくり」と言われてましたが、絵を見てみると「キットってこんな顔なのね…」とちょっと意外に思えました。

「妖精の分け前」
本編でもちらっと出てきた、ナイジェルがブッカブーを見た時のお話ですね。
ブッカブーとは、分け前を与えないと船を転覆させることもあるという、海に棲むゴブリンです。
ナイジェルはブッカブーを見つけたせいで、船員から海に突き落とされそうになってしまうのです。
ジェフリーとワッツ船長の機転で事なきを得るのですが、ナイジェルが普段、周囲の人間からどんなふうに思われてるのか突きつけられて、ちょっと悲しくなりました
でも、ジェフリーがナイジェルのほっぺにチューをするイラストが見れるのはここです!
鬱陶しいばかりのスキンシップをナイジェルが渋々ながらも受け入れてて……ホント君たち、どうして付き合わなかったの? って感じです。

「船出」
ジェフリーがワッツ船長に代わって船長になる時のお話。
ワッツ船長は優しくて男気のある素晴らしい人ですが、何とここにきてナイジェルの祖母・ジョアンに惚れていたことが判明。
へ〜〜〜って感じですね。
けど彼の話によると、航海中にジョアンは結婚を決めてしまったという話でしたが、ジョアンの娘・エセルの父親はJP(名前違うかも)ですよね
なんで他の男と結婚できたんだろう。ジョアンの夫はこのことを知ってたのかなあ?

ここでもジェフリーとナイジェルはイチャイチャしてます(笑)
ジェフリーがナイジェルを後ろから抱き締めてる挿絵はここですよ!
なんつーか……ジェフリーのスキンシップをここまで許しといて恋愛感情が湧かないっていうナイジェルが、私にはよくわからないよ。
ホント、なんで君たち付き合わ(以下略)
うんまあ、のちのち海斗が出てくるから別にいいんですけどね。

というわけで、最初から最後までナイジェルを愛でる短編集となりました。
面白かったけど、そろそろ本編も読みたいです。続きが楽しみだ!

【既刊】
「FLESH&BLOOD 13」
「FLESH&BLOOD 14」
「FLESH&BLOOD 15」
「FLESH&BLOOD 16」
「FLESH&BLOOD 17」
「FLESH&BLOOD 18」
「FLESH&BLOOD 19」
「FLESH&BLOOD外伝 王と夜啼鳥」

「FLESH&BLOOD 20」
「FLESH&BLOOD 21」
web拍手
TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM