スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「テンカウント 1〜3」 宝井理人

JUGEMテーマ:BL漫画
《1巻あらすじ》
「黒瀬くんといると、少しだけ普通の人になったみたいに錯覚する」

潔癖症の社長秘書・城谷は偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、潔癖症を克服するための個人的なカウンセリングを受けることになる。
10項目を1つずつクリアする療法を進めるうち、次第に黒瀬に惹かれていく城谷だが……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、センシティヴな恋のセラピー。


《2巻あらすじ》
「今日ずっと、黒瀬くんに触られることばっかり想像してました」

心を預けはじめていた黒瀬から、突然カウンセリングの終了を告げられた城谷。
ショックで引き籠もる彼のもとに、再び黒瀬から呼び出しのメールが届く――。

黒瀬の隠された胸の裡を知り、城谷は……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、二人の関係が加速する、急展開の第2巻!!


《3巻あらすじ》
「俺の体、黒瀬くんの匂いでいっぱいだ」

二人での外出中、黒瀬とのキスを想像して、体を反応させてしまった城谷。
なぜこんなふうになってしまうのか、自分でもわからないまま、熱い体をなだめてゆく黒瀬の手を止められない。
裏腹な心と体に翻弄される城谷は……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、堕ちてゆく二人の恋のセラピー。


オギャ―――ッ!!!
やばいですやばいです、久々に萌えの波がやってきました…っ!
城谷さんのエロ可愛さが尋常じゃないモゴモゴ
3巻まで読みましたが、もう続きが気になりすぎて雑誌買ってしまおうかとすら思ってます!
1巻のどちらかというと静かなストーリー展開からは想像のつかない急展開ぶりに、目が離せません!

以下、ネタバレです。
おまけに今後のストーリー展開なども勝手に想像しておりますので、万が一的中してしまったらすみません(←考えすぎ?)

 
というか、まず久々すぎる更新についての言いわけから(汗)
皆さまはとっくに「あ〜、あの人ブログやめたんだ」と思っておられたでしょうが、まだやめてはおりません、一応汗
更新がストップしちゃったのは、諸事情により引っ越しをしないといけなくなったり等、プライベートでの環境の変化が重なって忙しかったというのもあるのですが、一番の理由は「感想を書きたい!」と思えるBL作品に出会えなくなったこと。

更新が停滞してた間もBLは読んでいたのですが、買う冊数も減っていたし、「面白いな〜」と思う作品もありはすれど「感想を書こう!」という意欲が湧いてこず。
私の場合感想を書くって結構時間のかかる作業でして、下手すると数時間かかることもあるのです。
忙しい中それだけの時間を捻出するのもなんだか億劫で、それで長らく遠ざかってたんですよね〜。
何とか時間をつくってでも感想を書きたいワッ!と思える作品に出会えなくて。
…っていうか、自分の中で勝手にハードルを上げてただけなんですけどね。作家さんは何も悪くないです(笑)

しかし久々に萌え転げたので、この感想だけはあげておきたいラブラブ
宝井先生って絵柄は清潔感のある感じなのに、それを裏切る濃いエロを提供してくださることで定評のある方ですが(勝手に思ってるだけ)、今回も1巻のピュアな感じの展開からは想像のつかないストーリー展開になってきております。

城谷さんのエロ可愛さは本当に犯罪クラスですよぴかぴか
1巻のガード堅めなツンツンキャラはどこへ?って感じです。
どこまで黒瀬くんに開発されていくのか(笑)
さしあたっては、城谷さんの処女地(←オイ)が黒瀬くんによってどんな感じに侵略されていくのかが楽しみで仕方ありません!

潔癖症の人ってこんな簡単に他人からの接触を許せるものなんだろうか?―――という疑問がないわけじゃないですが、好きな人に触られるのは大丈夫って人もいるかもしれないし、まあそこはあまり深く考えないことにしました。
自分自身が潔癖症について無知なので、反論できる材料があるわけでもないですしね。

城谷さんの過剰なまでの快感への従順さは、過去のトラウマから来るのかもしれないな〜という気がしています。
城谷さんのトラウマ(潔癖症になった理由)は、3巻で初めてその一端が明らかになりますが、たぶん父親とその教え子(?)の不倫現場を目撃したことですよねがく〜
目撃しただけじゃなく、たぶん城谷少年はその現場を見て性的興奮を感じてしまったんでしょうね。下の服が脱げていたことから推察するに。
それを不倫相手の教え子から「気持ち悪い」と言われたことで、自分自身を「気持ち悪い存在」と思っただけでなく、性的なことから過度に自分を遠ざけてきたんじゃなかろうか。
自分でもあんまりしないって言ってたし…(爆)

なんていうか、あんまり性的な刺激から遠ざかってると、いったん堰が切れるととめどがなくなると思うんですよね。
心を開いているとはいえ、黒瀬に対してあまりにも簡単に性的な反応を示してしまうのは、そういう理由で説明がつくんじゃないかなと思ってます。
とはいえ、城谷さんの過去がまだ全部明らかになったわけじゃないので、私の考えが合ってるかどうかはわかんないんですけどねたらーっ

城谷さん以上にわからないのが、黒瀬くんなんですけどね。
彼の無表情Sなキャラは見てるだけでご飯3杯はいけてしまいます食事が、城谷さん以上に謎のベールに包まれているような気がします。
ただ城谷さんを好きなだけじゃない気がするのは、私の気のせいでしょうか。
いや、彼が城谷さんを好きなのは本当だと思うのですが、何か裏がある気がするというか…。

というのも、黒瀬くんが城谷さんを「個人的」なセラピーに誘った理由がまだわかっていない。
大した理由もなくプライベートな時間を割くとも思えないし、どういうわけなんでしょうおや?
鍵になるのは2巻count11、黒瀬くんが「拒絶したいのか汚されたいのかどっちですか?」普段隠しているSっ気を惜しげもなくさらけ出しているコマ……の、2コマ前のコマなのですが。(←長い)

(たぶん)幼い頃の黒瀬くんと、顔は見えないけれどもどこぞのオジサンが話しているシーン。
今のところ黒瀬くんの過去をうかがわせるようなシーンはこれだけなんですよ。
だからこんな欠片から推理するのも無謀な話なんですけど……
このオジサンは城谷さんの父親ではないか?と思ったりするんです唖然

よくわからないけど、教え子と不倫していたとするならパパはたぶん離婚するかしたでしょう。
そうすると黒瀬は不倫相手の教え子と城谷パパとの間に生まれた子供か、あるいは彼らと近しい間柄の存在ってことになりますから、城谷さんにも近づく理由ができますよね。
(とはいえパパと不倫相手の子供っていう線は薄いでしょうが……年齢的にもそうだし、近親ものになっちゃいますしね。私自分が近親もの好きなものだから、すぐ思考がそっちに走ってしまうのですよひやひや

黒瀬くんて無表情だから、つい何か裏があるんじゃないかと思ってしまうんです。
これだけあれこれ想像しといて、実はただちょっとサド傾向があるだけの青年だったらどうしようかと思うんですけど(笑)
3巻でもいきなり異物取り出すからびっくりしましたよ猫2(←嬉しそう)
潔癖症の人相手にけっこう遠慮ないアプローチ(接触)を繰り返していた黒瀬くんでしたけど、いきなり後ろを開発しようとするとは嬉しい誤算。
もちろん読者としては望むところ。

個人的にはこの二人がめちゃくちゃにキスしてるところも見てみたいですけどね。
あ〜、やっぱり雑誌買おうかなあ〜〜。

 
web拍手
TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://yoidorerabbit.jugem.jp/trackback/731
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM