スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
よいどれうさぎ

「孤島の鬼」 江戸川乱歩

評価:
---
東京創元社
---
(2012-01-01)

JUGEMテーマ:BL小説
《あらすじ》
密室状態での恋人の死に始まり、その調査を依頼した素人探偵まで、衆人環視のもとで殺された蓑浦(みのうら)は、彼に不思議な友情を捧げる親友諸戸(もろと)とともに、事件の真相を追って南紀の孤島へ向かうことになった。
だが、そこで2人を待っていたのは、言語に絶する地獄図の世界であった…!
『パノラマ島奇談』や『陰獣』と並ぶ、江戸川乱歩の長編代表作。


なんでいきなりこの本を読んでみようと思ったかといえば、近いうちにリブレさんから江戸川乱歩作品と「In These Words」の咎井淳先生のコラボ作品が発売されるとわかったからです。(特設サイトはこちら。
リブレさんの企画に乗っからずに既に発売されている小説本を読んでしまうあたり、自分でもどうなんだと思いますが、サイトをご覧になればわかる通り、近々発売されるリブレ版「孤島の鬼」は四六判で1,200円(税別)と、けっこうなお値段なんですよねたらーっ
「咎井先生のイラストは大好きだけど、江戸川乱歩は読んだことないし、買おうかどうか迷うなあ…」という方もいらっしゃるのではと思いましたので、参考までに感想をアップしてみました。
ちなみに私も江戸川乱歩を読んだのはこれが初めてです。

結論から言うと、けっこう面白かったです。
この内容なら「買わなきゃよかった…」と後悔することはないんじゃないかと個人的には思いますイケテル
ただ、書いているのはBL作家さんではなく江戸川乱歩先生ですので、あんまりBL的要素を期待しすぎると肩透かしを食らうと思われます。(同性愛的要素は確実にありますが)
「これはミステリー(ちょっとグロめ)だ」と思って読むのがちょうどいいかと。
ちょっとシャーロック・ホームズシリーズを読みあさっていた頃を思い出しました。
昔のミステリって、トリックが荒唐無稽ギリギリの感じなんですが、とてもシンプルだから理解が早いんですよね(笑)

実は私、この作品を小説で読むのが面倒くさくて(爆)、初めのうちはこの「孤島の鬼」をマンガにリメイク(主人公の性別を女性に変えるなど)した「ドクターGの島」(高階良子先生著)を読もうと思ってたんですよね。
ところがどの電子書籍サイトを見ても売ってないし、アマゾンでも高い中古品しか売られていない(文庫版が比較的最近に発売されているにもかかわらずワッ!)ので、諦めて小説を読みました。なんてやる気のない読者…。
でも中身を読んでその理由がうっすらとわかった。
理由を説明するとネタバレになってしまうので明言しませんが、この「孤島の鬼」は江戸川乱歩が生きた時代だからこそ書けた小説だな、と思いました。今じゃ相当難しいかも。
この話を漫画化できた高階先生も相当すごいです。(漫画未読の身で言うのも何ですけど…)

あらすじからだいたいわかるかもしれませんが、主人公は蓑浦というあまりやる気のない会社員(外見は綺麗)。
そして、彼の友人でこれまた容色優れたる諸戸。この二人を軸にして物語は進んでいきます。
この二人の同性愛的要素に期待しすぎるとガッカリすると思うのですが、この「箕浦を想う諸戸」という構図があったればこそ、この作品が唯一無二のものになっていると思うんですよねモグモグ
これがないと、「ちょっとグロいミステリー」で終わってしまいかねないかも…。
一途に蓑浦を想う諸戸の存在が、この作品の雰囲気を耽美なものにしてる気がします。

このお話の感想をネタバレせずに書くって難しいですね…。
ちょっと何が言いたいんだかよくわからなくなってしまいましたが、内容のレベルについては(好き嫌いはあると思いますが)保証できます。現代まで読み継がれている名作なので私が保証するまでもないんですが。
なので、値段が気にならなくて、咎井先生のイラストがお好きなら買ってみる価値ありなんじゃないでしょうか。
特設サイトに載ってるイラストも実に暗示的で素敵ですしねてれちゃう(絵の意味は本編を読めばわかります)
 
web拍手
TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

web拍手
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://yoidorerabbit.jugem.jp/trackback/733
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Recent Trackback
Archives
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM